相原第二病院様にて接遇対応研修を担当させて頂きました

7月23日(月)、大阪市阿倍野区にある相原第二病院様にて、医療スタッフの皆様を対象にした接遇応対研修を担当させて頂きました。

患者様が安心感を抱いて来院していただくために、医療スタッフに求められる言動や態度は何なのか、患者様が抱かれる心理から考慮し、
アクティブリスニングと「ストローク」を応用したコミュニケーションの技術をお伝えさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

自分自身の心身の健康や命に直結する医療機関。
どの年齢層の人にとっても大変身近で重要な機関です。

この先生(スタッフ)には安心して話せる。
自分や家族を安心して委ねることが出来る。
そのように患者様に感じて頂けることは、何よりも大切なことと言えるでしょう。

そのために日々汗を流しておられる医師やスタッフの皆様一人一人に、今回お伝えさせて頂いた内容がお役に立つことを願っております。

※詳細は研修ブログをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です