4月2013

13/04/16 商標登録取得!

カウンセリング技術の新たな分野として、身体に「触れる」トリートメント技術を応用したのが「メンタルトリートメント」です。

従来、自律神経失調症やうつ状態などのこころと身体の疲労に対し、病院やカウンセリングにより心身へとアプローチしてきました。
そこに身体に負担をかけない、心地よく柔らかなタッチのトリートメント技術(ランゲルラインズトリートメント)により、副交感神経へアプローチし、「ことば」のやりとりだけではカバーしきれない、心身の深層からのリラックスを提供します。

そして、このメンタルトリートメントをさらに発展させ、自分自身の自己肯定感を高めてゆくトリートメントが「マザーリングトリートメント」です。
親と子どものスキンシップ、肌と肌のふれあいは、その人自身の人格形成、特に自己肯定感に大きく影響すると考えられています。
しかし、子ども時代に十分な愛情を感じられなかったり、生育歴の中で受けた「傷」は、自分自身への自己肯定感を低め、成長を妨げることがあります。

「マザーリングトリートメント」は、そうした自己肯定感の未成熟を自覚している人に有効なトリートメントです。
セラピストの手のぬくもりを通して、受容される感覚を知ると共に、その時々の状態に応じて行なわれるカウンセリングを併用して、自分自身を「育み」、「慈しみ」、新たな気づきと成長をサポートする技術です。

アビリティーではこの二つのトリートメント技術に対して特許庁より商標登録権を取得しました。
二つとないアビリティー独自のメンタルサポート技術として多くの人へ提供し、また質の良い、後進のセラピストを育てることを目指します。

20130416000555phpO2Y9xo

20130416000555phpNnM67t